英会話教室に通おうと決めた時、次は「どんな英会話教室を選べばいいか」という疑問にぶつかることでしょう。冒頭で述べましたが、まずはとにかく下調べをしてください。勢いで通い出してから「やっぱり違う」なんてことになっては、時間もお金ももったいないです。

英会話教室は、大きく分けて二種類あると言えます。一つは「レッスンが全て英語で行われる」教室で、もう一つは反対に「質問などは日本語でしても大丈夫」な教室です。どちらを選ぶか迷うでしょうが、初心者は「日本語で質問できる教室」、中級者や上級者は「英語オンリーが使われている教室」がおすすめです。ですが、そうとも言い切れない部分もあるので、これについては次の項で詳しく述べていきます。

さて、初心者はよく「全てが英語の方が身につくのではないか」という勘違いをしがちですが、これは間違っています。想像して欲しいのですが、そもそも英語の初心者が英語オンリーの教室に行った場合、どのようなことが起こるのでしょうか。例えば英会話を行っているうちに、「○○と言いたいのだけど、これはどのような表現をしたらいいのだろう」という疑問がわいたとします。そこで質問をするにも、日本語は許されていません。「英語が分からないからその英語が何かを聞きたいのに、その疑問も英語で聞かなくてはいけない」という矛盾が生まれてしまうのです。こうなっては元も子もありません。結局聞きたいことも聞けずに、分からない部分も新しい知識とならないわけですから、英会話教室に通う意味もなくなってしまいます。これは「洋画を観て英語の勉強をする」と同じ理屈で、そもそも言葉が分かること、基礎ができていることが前提なのです。