英語を生活の一部にする

大人になってしまうと無意識に何かを習得するというのは困難なことだと思います。
大人は、五感でいろんなことを吸収するのは諦めて、感性を磨いて英会話を楽しむということになるかと思います。
地球で生きているという意識を持つのも大切だそうです。
グローバルな感覚というのは、意識していれば持つようになるそうです。
東京オリンピックも近いので、定年退職をした人がボランティアに応募したりするのも英会話を学ぶきっかけになるかと思います。
グローバルといっても、まずは自分と向き合うことが大切だそうです。
地球に生きているということで、知識を広げ自分の興味のあることを見付けていって欲しいそうです。
考えを掘り下げるということも会話には大切なことだと思います。
英会話も大切ですが読解力も欲しいところだと思います。
生活していると人と会話するより看板を読んだり本を読んだりすることの方が多いような気がします。
SNSも英語が読めたら世界は広がると思います。
会話をするように英語を使いこなすということも必要だと思います。
ここでも覚えるということよりも、SNSで見かけた英語などを読んだり辞書で調べるというのがいいかと思います。
翻訳ソフトというのは単語を知るにはいいと思いますが、文章がきちんとした日本語になっていないということもあって、頼るのはおすすめしないそうです。
けれど、英語に触れ続けているというのはとても大切で、英語をそのまま読めるようになる手助けとして翻訳ソフトも活用できたらいいと思います。
英検を取るとか、TOEICでいい点数を取りたいとか、英語に触れていくうちにいろいろと欲がでてくるかと思います。
そうやって英語との距離を縮めていけたらいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です