英会話は生涯練習

国や文化が違うとマナーや常識も変わってくるかと思います。
いろんなことが違っても情緒と礼儀を知っていることは大切だそうです。
世の中で成功する人というのは、自分をコントロールする力が強いと言われているそうです。
天才は1%のひらめきと99%の努力とエジソンは言ったそうですが、結果を出して、あるいは評価をしてもらわなければ、天才かどうかわからないということもあるかと思います。
もし絵画の天才でも、絵画に関係の無い生活をしていたら、絵画の天才かどうかもわからないと思います。
また、子供の頃は天才的に絵がうまくても、基本をきっちりやりたがらずに、落書きで終わってしまう人もいるかと思います。
失敗しても失敗しても努力を続けるというのが大切だと思います。
ただ、天才か否かというのは誰が決めるのかわかりませんが、世に出なければどうにもならないので、コミュニケーション能力やSNSでのアピール力も必要かと思います。
英会話は生涯練習という人がいます。
英会話ができても使わなければ、忘れてしまうからだと思います。
英語の天才というのは、翻訳業が素晴らしいとか、それに関する論文が素晴らしいとか、そういったことなのだと思います。
英語にハマったら研究者になったり作家になったりするかと思います。
とりあえず英会話ができるということを目指すならば、焦らないほうがいいそうです。
焦って無理やり勉強ということになってしまうと、かえって英語を遠ざけてしまうかと思います。
勉強というと、どこか何かを我慢しなければならないような気がしますが、やはり外国語を身につけるためには、ある程度の基礎は必要かもしれません。
そこを何とか乗り越えたら、ただの会話ということで取り組んでみたらよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です