異文化ショック

英会話教室に通うようになってから、外国人の先生と直接やり取りをする中で、コミュニケーション方法の違いなどを強く感じるようになりました。外国映画の中で、多少の文化の違いは理解できていたように感じていたのですが、実際に外国人を前に彼らの文化に多少なりとも触れると、カルチャーショック的なものを軽く受けるのだと最近切に感じています。英語圏で暮らす人々と日本人の暮らしぶりを比較して、これはカルチャーショックなのか?と、疑問に思ったり感じた事をまとめてみました。カルチャーショックを克服するには、慣れが必要なのかもしれませんが、実際は慣れても好きにはなれない異文化もあるもので、私は外国人と挨拶をする際の初対面での硬い、熱い握手がどうにも好きにはなれません。英会話教室でも、もちろん常に笑顔で大人の対応は心掛けていますが、あの多少オーバーアクション的な握手は何度、経験しても好きにはなれないカルチャーショックであります。挨拶の握手の際、行われるハグは、さほど気にならないのですが、握手だけはNGにしたいと思う時があります。皆さんには、そのようなカルチャーショックの中で苦手なものはありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です