SNSでも使われる

英会話教室で、生徒さんの皆さんと、「MOODな英会話表現」のランキングを行ってみたところ、

輝かしい1位は「BBF」でした。これは、比較的使いやすいワードだと思います。英会話スクールメンバーの間柄でもお互いに実際に送り合ったりもしています。「Best friend forever.」は、響きも良いワードですのでこれからも使っていきたいワードです。では、第2位は、なんと「DIY.」でした。あまり、SNS上で送り合っているような光景はみられませんが、英会話スクールのメンバーが、「Do it yourself.」的な暮らしをしている人が多かった事が勝因ではないかと考えています。ホームセンターでは、よくみかけるワードですけれど、まさか第2位に食い込んでくるとは驚きでした。第3位の発表です。「FTF.」でした。「Face to face.」「お互い向かい合う」という意味ですが、同じ意味の「F2F.」は、圏外でしたので、同じ意味合いをもつワードでも、英会話スクールメンバーの中では、「FTF.」が主流のようです。では、第4位にいきます。「NF.」です。「Nice fight.」は、どちらかというと、男性人気ワードという結果になりました。その他、男性人気だったワードは、「Doope.」「FML.」「FFS.」「dafuq.」「VIO.」などでした。「Doope.」以外は、どちらかというと上品な言い回しではないので、こちらでは細かくはご説明いたしませんが、小学生の低学年の男の子たちが喜んで選びそうなワードを、いい歳したオッサンたちが、笑いを取るのに必死に苦肉の策で票を入れたようでした。女性たちの人気ワードは、「jajaja.」の笑い声を表したものや、「gotcha.」の「I got you.」を表す、「分かりました。」「了解。」などが、ランキングしていました。女性たちが票を入れたワードは、実践的に使えそうなワードが多かった気がします。では、第5位です。「CUL.」は、「See you later.」を表します。「See」の部分が、「C」を使って略されているので、なんとなく変わっていて可愛らしい感じがします。男性たちの票が多かった「Doope.」「FML.」「FFS.」「dafuq.」「VIO.」などのワードを、英会話スクール内の長老でもあるお婆ちゃまが、勤勉にもきちんとサイトや辞書などを使って調べたところ、「大変よいお勉強になりましたよ。」と、男性陣に嫌味を言う姿をみて、どんな年齢になっても好奇心をもって興味のあることに「FTF.」する事は、素敵な事だなぁと感じました。この場合の「FTF.」の使い方が合っているのかは分かりませんが、こんな感じで知人や友人同士で使う言葉が、全世界に向けて発信されるSNSは、本当に世の中を広くて狭いものにしているのだと考えさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です