英会話とコミュニケーション

英会話がほとんど通じなかったり、英会話がどう聞いても下手くそな人が、グローバルな現場で成功している例がいくつかあるというような事柄を小耳に挟みました。その多くは、様々な国籍や多様な人種とのコミュニケーションが、潤滑である事に鍵があるようなのです。英会話力がプロフェッショナルでなくとも、ビジネスがプロ級であれば、どのような立場の相手であってもビジネスを成功へ導ける、というような考えの軸があるようです。そのメソッドの中の1つに、ビジネスの場のコミュニケーションに、文字を使い過ぎないという概要がありました。文字によるコミュニケーションよりも、視覚的なプレゼンテーションの方が相手にインパクトを与える可能性が高いというのです。文字を控えめに使用するのであれば、英会話力は、二の次で良いというような考えに繋がりそうです。ですが、文字が控えめであっては、内容があまりにも伝わりにくいのではないかと思ったのですが、文字が少ない変わりに、数字的な要素をきちんと詳細に伝える必要があるのだそうです。数字は万国共通なので単位さえ間違えなければ、まるほど、うまくいくかもしれません。相手あってのビジネスの成功ですから、どのようなプレゼンテーションにおいても、相手の考え方や出方、次第ですが、英会話が苦手なビジネスパーソンは、グローバルな現場であっても、それなりのやり方で、望む事もできるのだという、今までにはない英会話力の補い方の概念が生まれました。

英会話力を身に着けたいなら、新宿エリアなんかはオススメです。

ビジネスマンも多くいるところも、社会人から英会話を始める人にもピッタリなのではないでしょうか。

もし英会話が気になっている人は、新宿エリアで一度検索してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です