ホームステイ先で「Feel at home.」―赤の他人の海外の人との暮らしー

学生時代のアメリカ留学やホームステイは、憧れの海外生活をエンジョイする最高のチャンスとなります。アメリカ留学やホームステイを目指す、学生の皆さんの為の日常英会話や日用英単語の中から「Feel at home.」についてみていきましょう。留学生活などで、ホームステイを選択する学生さんは、赤の他人と共同生活をする事になります。ホームステイは、「赤の他人の日本人」ではなく、「赤の他人の海外の人」と共同生活をするという事を、まず念頭に置いておきましょう。「赤の他人の日本人」との共同生活にも、驚きやハプニングはつきものです。「赤の他人の海外の人」との共同生活には、多くの驚きやハプニングが待っているであろう事を、心構えとして準備しておきましょう。多くの場合は、ホームステイ先のお宅に到着すると「Feel at home.」などと声を掛けられるはずです。これは、「自分の本来の自宅のようにリラックスして寛いでね」という意味です。アメリカ人の多くの人々は、上下関係や年齢を気にするのではなく、個人的な人間関係をとても大切に考えています。日本人のように、常に年上の人々に気を使ったり、気を回したりする事で、相手に窮屈な思いを与えてしまう可能性もあります。「Feel at home.」などと声を掛けてもらえた場合は、遠慮や余計な気遣いはNGだと考えておいて下さい。ホームステイ先のホストの家族の考え方によっては、様々な対応があるとは思われますが、「Feel at home.」と声を掛けられたシーンでは、余計な気は使わずに素の自分でリラックスしようと心掛けて下さい。ホームステイ先で良く使われる英会話として「Feel at home.」は、ホームステイ先の、ホスト家族の皆さんに、自分が受け入れられたと思い、思い切ってリラックスしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です