東京オリンピック開催に向けて

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、様々な試験的な活動などが、競技会場が建設される都心各地やその周辺地域でみられるようになってきました。オリンピック・パラリンピックが行われる2020年の夏本番に向けて、その準備段階における「交通マネジメント」などと称した交通網の調整や規制への、テスト的な取り組みが行われ始めました。東京オリンピックの開催に向けて、世界的にも多くの人の関心が寄せられてきます。オリンピックは「古代オリンピック」と、「近代オリンピック」と呼ばれ、その年代別に区別して考えられているそうです。今から2800年前に開催された「古代オリンピック」の当時の呼び名は、「オリンピア祭典競技」と言い、様々な要素を兼ね備えたお祭りや宗教的な儀式とも捉えられていたようです。その後、繰り広げられた数々の戦乱の中で、「オリンピア祭典競技」は、その姿を消してしまいました。「近代オリンピック」は、1894年のパリの国際会議で復活を遂げ、2年後の1896年に、ギリシアのアテネで、第1回オリンピックが開催されます。この時に、オリンピックを象徴的に表す、五輪のマークがお目見えする事となります。一方、パラリンピックとの関係性としては、1988年のソウルオリンピックから、同地開催が行われるようになり、障害者スポーツの大会として大きな注目を集めるようになりました。パラリンピックのはじまりは、1952年、ロンドンの病院内での患者さんたちのリハビリを兼ねた競技大会が始まりと考えられています。その後、1952年に国際大会として認められる中で、オリンピックとともに世界最高峰のスポーツ大会として、人々を魅了する存在へと発展し続けているのです。2020年、東京オリンピック開催に向けて、各国から参加するスポーツ選手の活躍が期待される中で、大会を支える側のボランティアの存在が話題となっていました。一定以上の英会話などの語学スキルが求められるセクションもあればそうでない募集要項もあるようです。ボランティアに関する問題は、ボランティアに参加したいと考える参加者たちへの、宿泊や現地までの交通事情に関する支援などへの不安ではないでしょうか?英会話スキルが十分あり、オリンピック・パラリンピックのボランティアとして参加したいと考えている人も、当日の宿泊施設不足などへの懸念が残るようでは、参加を断念してしまうような人々も多いのではないでしょうか?実際には、ボランティア活動に参加しなくとも個人レベルで、大会の開催のサポートとなるような活動は可能なはずです。多くの人々のサポートを必要とするオリンピックの開催に、自国開催としての多くの人々の関心が寄せられる事で、無事な運営ができることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です