イギリスの英会話表現について

イギリスで使用されている英会話は普段日本人が学校や英会話教室で習う英会話とは少し異なる表現があります。イギリス人と会話をする際、イギリスに旅行に行く際に役立つ表現方法がありますので、少し頭に入れておくとイギリス人とスムーズの英会話を楽しむことができるでしょう。まず紹介するフレーズは「That’s kind (decent) of you.」という表現です。こちらはThanksに続けてよく使われるフレーズです。「ありがとう。親切ですね。」という意味で使用されます。ありがとうのあとに、一言付け加えるだけで、いっきにイギリスのネイティブ感が出ます。イギリスに行った際に何か親切にしてもらった場合に使用してみましょう。きっとイギリス人に感謝が伝わるはずです。「Thanks.That’s kind (decent) of you.」です。覚えておくと便利でしょう。次に「I have bigger fish to fry.」というフレーズをご紹介いたします。この文を直訳すると「もっと大きな魚を捕らなくてはいけない」という意味になります。こちらをイギリスの英会話として翻訳すると、「他にもすることがる」という意味になります。忙しい際にイギリス人がよく使用するフレーズなのです。イギリスでは、「フィッシュ&チップス」という食べ物がよく食べられていますが、それに由来して「魚」を使用したフレーズがいくつかあります。日本人がイギリス旅行などで、使用する場面として、例えば観光の予定がびっしりと詰まっている日に何かトラブルがり、予定が押しそうになった際などに使用すると後に予定が詰まっているという状況を伝えることができます。この他にも「魚」を使用したフレーズはいくつかあり、「drink like a fish」というフレーズもあります。こちらもそのままの訳ではなかなか意味が想像しにくいですが、「お酒をたくさん飲む」という意味になります。イギリスはその土地のおいしいお酒が多い国ですので、この言葉が生まれたのでしょう。おいしいお酒がある国ということもあり、「飲みすぎ注意」ということを伝えたい際には「Don’t drink like a fish.」と言ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です